会長挨拶

平成30年度の千葉県高等学校PTA連合会の会長を仰せつかりました、千葉県立松戸六実高等学校所属の花島和宏と申します。宜しくお願い申し上げます。日頃より千葉県高P連の活動にご理解ご協力賜わり感謝申し上げます。

高等学校教育はこれまでの義務教育課程とは変わり、同様の学力の生徒が集い切磋琢磨できる環境になるところに深い意味があると私は考えております。

その中で、専門性、進学、就職等にそれぞれの意識が大きく変化する年代であるため、生徒自身のモチベーションの向上や、それを見守り、支援する保護者の在り方が重要だと考えております。

毎年開催しております各地区での研究集会において、近隣の学校の素晴らしい活動内容を共有していただき、また研修会では講師の先生の講演を聴き、親と子の関わり方、現代の思春期の子どもの考え方など、皆様にとって学び多きものとなる機会の提供ができればと考えております。

そして、関東大会や全国大会にもご参加いただき、より一層の実り多き一年にして頂ければと存じます。出席、参加することで必ず学びはあると私は確信しております。人生いくつになっても勉強であり、一生涯学びだと思っていただき積極的にご参加くださいます様お願い申し上げます。

そして、平成30年度は平成最後の年となってしまいます。来年度は新年号でスタートすることとなり、少々寂しいところではございますが、最終年度として皆様の記憶に残る一年になればと考えております。
一年間宜しくお願い申し上げます。

平成30年度 会長 花島和宏