会長挨拶

令和3年度の千葉県高等学校PTA連合会の会長を仰せつかりました千葉県立匝瑳高等学校PTAの須合勝雄と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日頃より、各単位PTAの会員の皆様におかれましては、青少年健全育成の推進、魅力ある学校づくりに積極的に取り組んでいただき、また、本会活動に対し温かいご支援ご協力を賜り、厚く感謝申し上げます。

新型コロナウィルス感染症の猛威はいまだ予断を許さない状況であり、本会でも今までのリアルな活動を見直しつつ、全国高P連、関東高P連等との様々な取り組みをオンラインで開催したり、中止・延期をしながら試行しているところでございます。

子ども達の高校生活や部活動においても、様々な行事や大会が中止、縮小となり、特に高校3年生にとっては、2年連続での機会喪失、更に進路についてのストレスや不安を抱え、日々過ごしている状況と拝察いたします。

保護者にとってもこれまで経験の無いコロナ禍で、子ども達の不安の払拭、モチベーションの維持のためには、子どもに対して無関心になってはならず、お互いの人格を尊重し、お互いにコミュニケーションを取りあい、支えあっていくことが重要です。社会人の先輩として誠実な行動を実践することも重要です。

そんな状況の中、PTAの存在意義は何でしょう。私はこのような状況であるからこそ家庭と学校が確実に同じ方向を向き、前向きに意見や情報を交わし、地域との連携も図りつつ、それぞれが協力しあい、安心して学べる環境を提供し、子ども達それぞれが思い描く夢の実現に向け、しっかりサポートすることにあると考えます。

同じ世代の子どもを持つ保護者として、本会では、単位PTAのお手伝いをすべく、新しい情報の発信や、近隣の学校の素晴らしい活動の紹介、様々な情報交換の場を実現できればと考えております。

まだまだ不自由な日々が続きますが、子ども達の更なる成長と教育環境の向上を目指し、各単位PTA及び会員の皆様とともに、活動を進めていきたいと存じます。今後とも、本会への積極的なご参加、ご意見、ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。